作品詳細

和菓子の基本
500円
※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

彼岸にはおはぎ、端午の節句にはちまきや柏餅と、ニッポンの年中行事とともに、歴史を刻んできた和菓子。その姿かたちで四季を感じることができる風物詩であることは周知のとおりだろう。しかし、現在は? 日々の忙しさを理由に、その造形美、素材の香り、優雅な菓名の響きなどを忘れていないだろうか? 本書では、さまざまな和菓子の美味しさ、美しさのみならず、いまニッポン人が忘れかけている和菓子の本当の楽しみ方を、改めて紹介していく。五感すべてをとぎすまし、その小さな小さな一粒に感じることができるニッポンの想いを、届ける一冊だ。※本書は、これまで雑誌『Discover Japan』が取材してきた内容の一部を再編集し、構成されたものです。※デジタル版には、表紙画像や目次に掲載されている一部の記事、画像、広告、付録が含まれていない場合がありますので、ご了承ください。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン