作品詳細

愛の系譜
550円
この男性はすぐに結婚しなければ。でも、その相手がわたしですって?■イギリスの片田舎で美しい屋敷の管理をまかされたアフラの前に、ある日、幼かった日のあこがれのヒーロー、リュックが現れた。彼は、屋敷の亡くなった女主人アーメリーの孫息子だった。コルシカ島生まれの情熱的な女性だったアーメリーは、たったひとりの身内であるリュックの帰りを待ちわびていた。彼に屋敷を相続させ、コルシカ島人の血を伝えてもらいたいと……。ただ、そのためにはリュックが三十一歳までに結婚することが、アーメリーの遺言書に記された条件だった。期限は迫っている。愛する祖母の臨終に間に合わなかったリュックをアフラはなじったが、なんとか彼にアーメリーの願いをかなえるよう努力してほしいと思う。そんなアフラの気持ちを見透かしたかのように、リュックは言った。「唯一の解決法は、きみが義務としてぼくの花嫁になることだ」

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン