作品詳細

将軍の影法師 葵慎之助
将軍の影法師 葵慎之助 殺界
704円
6巻まで配信中
葵慎之助がかつて住職を務めた浅草唯念寺では、宝暦の大飢饉で奥州から命からがら逃げてきた流民を保護していた。慎之助が炊き出しの場を訪ねると、派手な格好の若い女たちが流民に粥(かゆ)を配っていた。その時、銃声が鳴り響き、椀を抱えた流民が即死。炊き出しの場ではこのような狙撃が頻発しているという。その鉄砲の腕前に、慎之助はある心当たりがあった──。人気シリーズ、完結篇!
将軍の影法師 葵慎之助
715円
将軍家と縁続きである〈葵の若〉こと勝田慎之助は、直…
将軍の影法師 葵慎之助
704円
突然行方知れずとなった吉原の花魁三人を、将軍への献…
将軍の影法師 葵慎之助
704円
町火消し朝沼頭取(とうどり)の愛犬がお伊勢参りを済…
将軍の影法師 葵慎之助
704円
将軍家重は大奥の灌仏会(かんぶつえ)で出された甘茶…
将軍の影法師 葵慎之助
704円
江戸では狐面の一味による付け火が横行していた。狐面…
将軍の影法師 葵慎之助
704円
葵慎之助がかつて住職を務めた浅草唯念寺では、宝暦の…

この作品を読んでいる人にオススメ

麻倉一矢の他の作品

徳間文庫の他の作品


dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン