作品詳細

輝血様と巫女
785円
なぜ俺に”巫女のおしるし”が──!? 姉の許婚・戎滋への叶わぬ想いを断ち切るために、水哉は故郷の島を捨て去った。だが姉は島の巫女になり、戎滋との婚約を解消してしまう。数年後、水哉の下腹に鬼灯型の痣が現れ、さらに姉の死が報される。痣は”巫女のおしるし”。島の豊穣大量を祈るため、巫女は胸に同じ型の痣を持つ”輝血様”と対になって神事を行わなければならない。新たな輝血様となったのは、なんと戎滋だった。しかも神事は、海神が憑依した輝血様を性的に喜ばせることをも含んでいて……!?

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン