作品詳細

風塵の剣【全7冊 合本版】
3866円
「どえらい新シリーズが始まったものだ」 ――文芸評論家・細谷正充氏浅間山が大噴火した天明3年、ひとりの男児が生まれた。名は小早川彦蔵。幼いころ藩の謀略により両親を目前で殺されて以来、彦蔵は数奇な運命を辿ることとなる。藩への復讐を誓い、剣の腕を磨く彦蔵は、ある事件を契機に江戸へ赴くが、そこには数々の試練が待ち受けていた。宿命というべき自らの人生と真摯に向きあい苦しみ、だが懸命に生き抜く侍の姿を痛快に描く、著者新境地の書き下ろし時代小説!全7巻が合本版で登場!

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン