作品詳細

幸福な食堂車 ― 九州新幹線のデザイナー 水戸岡鋭治の「気」と「志」
1980円
鉄道デザイン王国・九州の秘密いまや日本中の鉄道ファンが最も熱い視線を注ぐ九州。かの地に一歩踏み入れば、列車から駅舎まで、かつて体験したことのないユニークな鉄道文化が縦横に広がっている。“本当の公共性”を問い続け、九州を鉄道王国へと変貌させた一人のデザイナーの挑戦と戦いの記録。 【著者紹介】一志 治夫(いっし・はるお) 1956年、長野県松本市生まれ、東京都三鷹市育ち。「現代」記者などを経て、ノンフィクション作家に。主な著書に『たた一度のポールポジション』(講談社)、『狂気の左サイドバック』(小学館)、『前線からのクリスマスカード』(幻冬舎)、『たったひとりのワールドカップ 三浦知良1700日の戦い』(幻冬舎文庫収録)、『小澤征爾 サイトウ・キネン・オーケストラ 欧州を行く』(小学館)、『失われゆく鮨をもとめて』(新潮社)など。【目次より】第1章◆コンセプトとはすなわち「志」第2章◆色への狂気「絶対色感」第3章◆ヨーロッパで出合った洗練とタフネス第4章◆パース画の世界を切り拓く第5章◆成功へと導く「気」の存在第6章◆初の鉄道デザインは挑戦的な「花仕事」を第7章◆100億円の価値を生むデザイン第8章◆なぜ食堂車が大切なのか第9章◆感動は注ぎ込まれたエネルギーの量第10章◆和の素材・伝統・意匠を新幹線に第11章◆「ローカル線」で日本の田舎を再生する第12章◆合理主義・効率主義への抵抗第13章◆答えは子どもの頃に見聞きした中にある

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン