作品詳細

P+D BOOKS 遠い旅・川のある下町の話
715円
川端康成の珠玉の「青春小説」二編が甦る!昭和33年に月刊誌「平凡」に連載されたものの、その後長い間単行本化されずに埋もれていた『遠い旅』は、青春を彷徨する若者の人生を描いた作品。『川のある下町の話』は、恵まれない大衆の生活の重みと苦しみが渦巻く町で、必死に生きる若者たちの姿を描いた群像小説で昭和28年の作品。川端青春小説が奇跡のカップリングで、いまここに甦る!

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン