作品詳細

山行記
733円
「晴れた日の午前の針葉樹林の香りが、それまでに服用したあまたの精神安定剤よりもはるかに深く心身をリラックスさせてくれる作用があるのを知った」(本文より)芥川賞受賞の翌年に心身を病んだ作家兼医師は、五十歳で山歩きをはじめた。樹木の香りに精神が安定し、歩くことでからだ本来の働きに目覚めた作家は、蓼科山、浅間山から、ついには槍ヶ岳、白峰三山といった南北アルプスの高峰を若者にまじり踏破する。人生を重ねた者が己のからだとこころで書いた異色の紀行文集。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン