作品詳細

幸いは降る星のごとく
594円
ときは1990年代前半、”女芸人ブーム”前夜。東京の国立大学に通う真名子は、幼なじみの貴子とお笑いコンビ「モンスーンパレス」を結成した。自らの不美人を認識しない真名子と、世間ズレしたOL志望の貴子。笑いとは縁遠い生活を送ってきた彼女たちが、なぜその世界に入り、どう生き延びていったのか。時代によって作り出された”女芸人”の先駆者となる四人の女性の悲哀と幸福を描いた長編小説。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン