作品詳細

「靖国」という悩み―昭和史の大河を往く
880円
昭和史研究の第一人者が靖国問題の本質を、昭和天皇の怒りの真意を、あの戦争の意味を、渾身の取材と考察で説き起こす大反響必至の一冊。 <目次>「靖国」という悩み(「靖国問題」の本質とは何か「靖国」が発するメッセージ昭和天皇の「靖国」への思い遊就館の展示物が示す歴史観「戦後」が完全に欠落した場所古賀誠日本遺族会会長の「靖国」への思い千鳥ヶ淵は国立追悼施設になり得るか「靖国」と「千鳥ヶ淵」を結ぶ地下水脈八月十五日の「靖国」鎮霊社の謎慰霊・哀悼の美名の下での政治運動謀略史と歪んだ歴史認識で説く「この国」遊就館の歴史認識が、外部と共鳴し運動化する時あの戦争はアジア諸国の解放のためだったのか“富田メモ”から読み解く昭和天皇の「靖国」への怒り問題は何一つ解決せず、また八月十五日は来る)真靖国論―小泉史観の大いなる過ち靖国神社とA級戦犯 <著者紹介>保坂正康(ほさか まさやす)ノンフィクション作家・評論家。「昭和史を語り継ぐ会」主宰。昭和史の実証的研究のため延べ四千人に聞き書き取材を行い、独力で『昭和史講座』の刊行を続ける。二〇〇四年に第52回菊池寛賞を受賞。主な著者に『昭和陸軍の研究』『東条英機と天皇時代』『秩父宮』『昭和天皇』などがある。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン