作品詳細

どうなる?上期相場
220円
 世界は、2015年秋にも利上げして経済正常化を目指す米国と、金融緩和政策を継続せざるを得ない日本、欧州、中国に大きく分かれ、世界経済の先行きには不透明感が漂う。 過去に例がない状況下で、市場のポイントはどこにある? 米国の利上げのリスクは何? 日銀はいつ追加緩和する? 米・欧のハイイールド債は大丈夫? 今から中国株を買っても遅くない? 再び原油100ドル超えはある? シェール革命は終わらない? GPIFの株買いはいつまで続く? 今年のIPOはどうなる? 日本郵政はNTT株の再来?  上期の相場から目が離せない。 本書は週刊エコノミスト2015年4月28日号で掲載された特集「どうなる?上期相場 株価2万円」の記事を電子書籍にしたものです。目 次:はじめにどうなる?上期相場・今年も日本株「5月売り」はある?・インタビュー ルーク・エリス、英マン・グループ社長PART1 世界マネー編・米国の利上げのリスクは何?・日銀はいつ追加緩和するのか?・ドル高で米企業業績、株価への影響は?・米・欧のハイイールド債は大丈夫?・今から中国株を買っても遅くない?・今年の穀物相場はどう推移する?・再び原油100ドル超えはある?・米シェール革命は終わらない?PART2 日本株編・GPIFの株買いはいつまで続く?・日本株はバブルか?・ROE向上は株価上昇につながる?・今年のIPOはどうなる?・日本郵政はNTT株の再来?・TPP合意で上がる株は?

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン