作品詳細

月の小屋
550円
38歳になった彼女は、断固として12月24日からお正月休みをとることに決めた。不思議な摂食障害を描く表題作ほか。 <もくじ>母の夢、オセチアの夢石鹸逡巡、あるいは骨の記憶について詰めものそうじする人小屋<著者紹介>15年の海外生活を経て、現在津田塾大学勤務。主な著者『オノババ化する女たち』『昔の女性はできていた』『きものとからだ』他

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン