作品詳細

地図で学ぶ世界経済
220円
世界経済はダイナミックに動いている。企業は常に生産拠点は適正か、輸送ルートはどれが効率的かを考えている。さらに、世界のマネーはどのように動いているのか、新しい資源開発がなされていないかなどにも注意を払う。一方、地政学的には米国の支配力が弱まり、かわりに中国が台頭してきた。これを遠因とする紛争も各地で起きている。これら世界経済に密接に関連する問題を地図を見ながら理解する。本書は週刊エコノミスト2014年7月22日号の特集「地図で学ぶ世界経済」をまとめたものだ。主な内容マネー編・世界のマネーフロー・外国人投資家・中国の不良債権 生産編・自動車 ・iPhone資源編・シェール革命 ・深海油田 ・水資源 輸送編・インドシナ経済回廊・パナマ運河 ・欧亜間鉄道輸送 ・北極海航路 ・リニア 紛争編・ウクライナ ・中国の民族問題 ・南シナ海領有権問題 ・中東の混乱

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン