作品詳細

作家たちの戦争―昭和史の大河を往く〈第11集〉
880円
荷風、大岡昇平、山田風太郎、大佛次郎・・・・、あの戦争が彼らを作家たらしめた。昭和史の視点から作家の日記と作品を読み解く画期的な文学論。 <目次>山田風太郎の『戦中派不戦日記』を読む「戦争に負けると、ああなる」──山田風太郎と中国兵捕虜八月十日の終戦──山田風太郎の心のなかの戦い「十五日(水) 炎天 ○帝国ツイニ敵ニ屈ス。」山田風太郎が終生感じた日本人へのもどかしさ永井荷風の『断腸亭日乗』を読む荷風が覚悟を決めた昭和十六年六月十五日「アメリカと戦争するなんて莫迦ばかですよ」戦時下、荷風が上野駅地下で見かけた男女八月十五日、疎開先で知る「日米戦争突然停止」大佛次郎が終戦直後に書いた「英霊に詫びる」大佛の特攻への共感と荷風、志賀直哉への嫌悪感「正直に生きていることに悔はない」東久邇内閣の「内閣参与」として大岡昇平のフィリピンでの戦場経験大岡昇平が『俘虜記』で伝えたかったこと『野火』から伝わる昭和陸軍の狂気『レイテ戦記』執筆に至る公刊戦史の嘘への怒り書いたのではなく、亡き戦友たちに書かされた大岡昇平丹羽文雄が目撃した『海戦』の生と死高見順が向きあった昭和二十年八月十七日の島木健作の死清沢洌の怒り──「こんな戦争をやるのは誰だ」徳富蘇峰が「自ら吾が愚に驚」いた八月十五日伊藤整が感じた十二月八日の奇妙な静けさ『戦艦大和の最期』──著者・吉田満の戦後 あとがきに代えて──残酷な踏み絵を作家に迫った時代

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン