作品詳細

川ばた同心御用扣(ひかえ)
江戸の黒椿~川ばた同心御用扣(五)~
550円
5巻まで配信中
亡父母の墓詣での帰り、おことは古着屋の見世先(みせさき)に、黒椿の花をあしらった母親の形見にそっくりの帯(おび)を見つけた。それは去年何者かに盗まれたもの。翌日、見世を訪ねるが売られた後で、思案の末、おことは訴えて出た。南町奉行所同心・秋山五六郎(あきやまごろくろう)は、手下の半次(はんじ)やお富(とみ)を使い、古着屋に帯を売りに来た女を探す。(表題作)江戸が情感豊かに息づく、人情味溢れる捕物帳。
川ばた同心御用扣(ひかえ)
550円
江戸には多くの人間が、過去を背負って辿(たど)り着…
川ばた同心御用扣(ひかえ)
550円
江戸の南町奉行同心・秋山五六郎(あきやまごろくろう…
川ばた同心御用扣(ひかえ)
550円
北風の吹き荒(すさ)ぶ師走(しわす)、夜廻りに出た…
川ばた同心御用扣(ひかえ)
550円
突然いなくなった娘の母親を投げ文で呼び出し陵辱(り…
川ばた同心御用扣(ひかえ)
550円
亡父母の墓詣での帰り、おことは古着屋の見世先(みせ…

この作品を読んでいる人にオススメ

西村望の他の作品

光文社文庫の他の作品


dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン