作品詳細

ヤマケイ文庫 定本 山村を歩く
820円
雑誌『旅』の名編集長として知られた岡田喜秋氏が、全国の有名無名(当時)の山村を訪ね歩いた紀行文32編を収録。好評のヤマケイ文庫『定本 日本の秘境』『旅に出る日』に次ぐ、文庫化第3弾。第一部 山村の組曲 秩父、阿武隈山地、栗山郷、足和田、奥只見ほか。第二部 アルプスの見える村 日本アルプス山麓の各所第三部 推理する山旅 祖谷渓、秋葉街道筋、白神ほか。1974年(昭和49)に河出書房新社より刊行した単行本の文庫化です。底本は、1981年(昭和54)刊行の河出文庫版。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン