作品詳細

塩一トンの読書
594円
「一トンの塩」をいっしょに舐めるうちにかけがえのない友人となった書物たち。本を読むことは生きることと同じという須賀は、また当代無比の書評家だった。好きな本と作家をめぐる極上の読書日記。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン