作品詳細

剣は知っていた(三)(新潮文庫)
385円
剣をとっては天下無双、美貌の眉殿喬之介の、憂愁をたたえながら、怨恨と名利を捨てて人間の真の幸福に生きようとする波乱の半生を、家康の娘鮎姫との清冽な恋をからませて描いた絶讃の時代小説の第三巻。喬之介と鮎姫の恋は鮎姫の父・徳川家康の手で引き裂かれてしまうが、深く結ばれた二人の心は、さらに烈しく求め合う。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン