作品詳細

闇鳥 どぶ板文吾義侠伝
本編
637円
普段は小間物の行商をしている文吾は、ちょいと危ない裏の仕事屋が本当の姿。そんなせいか、想う女にも肝心の話を切り出せずにいる。ある日、大店の不良息子、藤次郎と賭場で知り合ったことから事件に巻き込まれていく。人情と非情が絡み合う「殺し屋」他、3編の連作で迫る書下ろし江戸下町時代小説。(講談社文庫)

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン