作品詳細

国立カイロ博物館所蔵 黄金のファラオと大ピラミッド展【完全版】
1
2546円
TBS
およそ4,500年前、古代エジプトの古王国時代(紀元前2586~2185年)にクフ王、カフラー王、メンカウラ―王の3代のファラオたちが建 造した巨大なピラミッド群は、「世界七不思議」として知られ、現代でも世界遺産に登録されるなど、いつの時代も訪れる人々を魅了してきた巨大な建 造物です。ピラミッドを建造したファラオとはどんな人物だったのか?ピラミッド時代以降、ファラオたちは何を創ったのか?これらは未だ大きな謎に 包まれています。18万点を数える国立カイロ博物館所蔵の古代エジプトの至宝から選りすぐった100点あまりの遺物と最新の研究からピラミッドの謎を解明し、古代 エジプトの世界をダイナミックに紹介します。3大黄金マスクの1つ《アメンエムオペト王の黄金のマスク》や、特に保存状態が良く美しい《アメンエ ムペルムウトの彩色木棺》など、エジプトからの第一級のコレクションが収蔵されている貴重なカタログです。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン