作品詳細

金田一秀穂の心地よい日本語
1320円
祖父・京助、父・春彦と連綿と続く日本語研究の大家・金田一秀穂。日常生活でよく耳にする言葉に「へえ」と感心したり、腹を立てたり。やさしい文章を読むうちに、生き物として日本語が感じられます。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン