作品詳細

新・信長記 天
1100円
「本能寺の変」はいかにして起こったのか?天正十年六月二日未明、信長は茶会後の宴席も終え床につく。午前四時ごろ、外の騒ぎに目覚めた彼は、「謀叛」と知って「信忠か!」と口にしたという。さらに「明智が者」との報告に「是非に及ばず」と呟いた……この情景をいったい誰が今に伝えたのだろう? 変に参加した本城惣右衛門は「討つは家康様とばかりに存じ候」と書き残す。光秀が愛宕山を下山したという日はどしゃ降りの雨で、亀山からの出立には間にあわなかった? 戦国最大の謎と言われる信長殺害事件は、今に種々のエピソードが語り残され、さまざまな犯人説が飛びかう。本書はそれら気になるエピソード一つひとつを歴画で紡ぎながら、事変を立体的に描き出す。さらには信長と関係の深かった人物たちの、知られざる逸話をふんだんに盛り込み、信長の生きた時代と信長自身の四十九年の軌跡を再検証する意欲作である。
完結

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン