作品詳細

鬱屈精神科医、占いにすがる
1408円
心の医者にとって救済とは?「わたし」を救ったという「透明な裁縫箱」が数十年をかけて結晶化し、本という姿になって今ここに現れた。私小説にして哲学書、文学にいざなう力に満ちた、豊かな本だ。小池昌代(詩人・作家)精神科医は還暦を迎えて危機を迎えていた。無力感と苛立ちとよるべなさに打ちひしがれる。しかし、同業にかかるわけにもいかない。それならいっそ街の占い師にかかってみようと思い立つ。はたして占いは役に立つのか。幾人もの占い師にあたっていって、やがて見えてきたもの……。人間が“救済”されるとはいったいどういうことなのか。私小説的に綴られる精神科医の痛切なる心の叫び。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン