作品詳細

ぼくが医者をやめた理由 青春篇
  • 【期間限定】第1巻が 528円⇒264円!10月31日まで
  • ※割引となる作品は割引後の金額が表示されていますので、ご確認の上でご購入ください。
264円
1967年、広島から一人の青年が上京、志も高く医学の道を歩みだした。個性的な面々が集う学生寮での新生活、教授に対する反発心、初めての解剖学実習のこと、学生運動への違和感、臨床実習で患者を前にしたときの不安、卒業試験……。後年医者をやめることになった著者が、医学生時代に体験した気恥ずかしくて情けない、けれど充実した出来事の数々を、軽快なタッチで綴った好評エッセイ。 シリーズ第3弾!本書は、一九九六年九月に平凡社ライブラリーとして刊行された『新宿医科大学』を改題のうえ文庫化したものが底本です。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン