作品詳細

競馬 勝つための洞察力 時代の絶対強者を見抜く玄人の戦術
1650円
競馬は“見抜き”の勝負だ!腕のある騎手を見抜く。乗り馬の質だけで勝っている騎手を見抜く。種牡馬の本質を見抜く。競走馬の能力とピークを見抜く。その時代の「絶対強者」を見抜くことこそ、競馬で勝つための王道なのだ。本島修司が、自身の提唱してきたセオリーの最新版も含め、「見抜く」ための着眼点=洞察力の磨き方について書き下ろした渾身の一冊。初公開「一口馬主の極意」も必見!<主な掲載コンテンツ>■隙を見せたノーザン、本気を出した社台■横山典弘のウルトラライド ―買っていい時、ダメな時―■現代競馬人・必須の見抜き ―小箱の名手・福永祐一、最大の弱点―■いま、最も下手な騎手■変革のボーダーライン ―キーワードは「三浦以前」と「三浦以降」―■GIの見抜き ―王道型・4歳ピーク説に陰りはあるか―■有馬記念・枠順公開ドラフトの実施。枠順はどれほど結果に影響するのか?■二世代目、三世代目でブレイクする種牡馬をどう見抜くか■ディープインパクト産駒の馬券 ―宝にする人、紙くずにする人―■種牡馬マルジュの正体 ―あの懐かしの1999より―■種牡馬タピットの解析 ―実は買うより怪しむ種牡馬―■一口馬主は「運」。しかしその運を高める方法はある■重要ポイント1 「何をしたいのか」の明確化■重要ポイント2 拾う(買う)タイミングによるリスクヘッジ■重要ポイント3 (セリを見ているとわかる)確率論■最初に作った「当たり前なのに盲点となっている」セオリー■コツは「デビュー戦7着くらい」と見ること■ゴールドシップ出遅れ事件。ファンが怒るべきは「現象」ではなく「…

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン