作品詳細

山と渓谷 紀行編
418円
日本アルプスと秩父の紀行文29篇をあつめた。時代は、明治の末から大正初期にかけて。登山があまり行われなかった、日本山岳界黎明期の牧歌的な登山、山岳風景が美しく展開する。富山市の近くで生れ、幼時から朝に夕に日本アルプスを眺めて山にあこがれ思慕を燃やし続けた著者の心象風景でもある。山岳文学の名著として知られる。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン