作品詳細

改訂・受験殺人事件
600円
ポテトとスーパーの通う西郊高校きっての秀才が、校舎の三階の窓から飛び降りた……はずなのに、校庭には誰も倒れていない、ばかりか窓の下に突き出ているビニールの日よけは、どこにも破れ目がなかった。彼はどこへ消えてしまったのだろう? ところが意外なことに、それから四時間たったその日の夕方、校庭に墜落死体が横たわっていたのだ! 続いて、喫茶店を借り切って高校生たちの乱痴気パーティが開かれた夜、西郊高校生が殺された。そして、第一の事件も、第二の事件も、高校の校歌どおりの死に方だったのは偶然なのか? 受験戦争のまっただ中、鬱屈した気持ちを抱える高校生たちの中で起こる奇怪な連続見立て殺人。相次ぐ不可能状況の事件と、そして作者が仕掛ける究極のトリック。辻真先の出発点となった初期連作の第3弾!

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン