作品詳細

公事宿事件書留帳
公事宿事件書留帳二十二 冤罪凶状
679円
22巻まで配信中
突如現れた正体不明の五人組の暴漢を自慢の剣技で一蹴した菊太郎。その傍から、一味は公事宿「鯉屋」が密かに再調査を始めた強盗殺人事件に関わる者ではないかと思い至る。すでに下手人とされた男は打首になり、落着したはずの事件の裏には、いったい何が隠されているのか? 表題作ほか全六編を収録。人気シリーズ、ここに堂々完結!
公事宿事件書留帳
596円
京都東町奉行所同心組頭の家に長男として生まれながら…
公事宿事件書留帳
596円
京都東町奉行所同心組頭の家に長男として生まれながら…
公事宿事件書留帳
596円
同心組頭の兄・田村菊太郎は公事宿(訴訟人専用旅籠)…
公事宿事件書留帳
596円
血が繋がらないながらも仲睦まじいお蔦と千代の母娘。…
公事宿事件書留帳
596円
気がやさしい鋳掛(いか)け屋・伊助が、息子・浅吉に…
公事宿事件書留帳
596円
実直と評判の男・新兵衛が奉公先の息子を人質に御堂に…
公事宿事件書留帳
596円
「地蔵さまがわしに笑いかけはったんどす。そしてすく…
公事宿事件書留帳
596円
公事宿の居候・菊太郎は同心組頭の弟・銕蔵に命じ、盗…
公事宿事件書留帳
596円
米屋の主・十左衛門の葬列に石を投げた少年・修平が公…
公事宿事件書留帳
596円
京・知恩院の本堂回廊で、毎日寝転がっている女。「お…
公事宿事件書留帳
596円
名立たる画人の贋絵を描いた廉で公事宿「鯉屋」へお預…
公事宿事件書留帳
596円
妙寿尼の焼く黒茶碗は名匠の作と見紛うほどの逸品。そ…

この作品を読んでいる人にオススメ

澤田ふじ子の他の作品

幻冬舎時代小説文庫の他の作品


dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン