作品詳細

<戦国時代>上杉謙信 悲願の関東進出へ新たな戦略
104円
上杉謙信は一五五三年と六年後の一五五九年に二度の上洛を果たす。その最大の目的は後奈良天皇や将軍足利義輝に近づき、関東と信濃への進出を容易にすることであった。しかし、関白近衛前嗣との出会いによって謙信の計画は一変する!

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン