作品詳細

海の歌が聞こえる
660円
ミーガンは祖母の形見のビーチハウスで休暇を過ごすことにした。ひとりなのは寂しいが、他人と過ごすよりは安心できる……。月明かりに輝く渚を歩きながら、彼女は物思いにふけった。実は、地元の店や食堂で出会ったバートと名乗るハンサムな男性にあとをつけられている気がしてならないのだ。喜ぶべきかもしれないけれど、アバンチュールに興味はない。まして私を見初める男性なんているわけがないのだから……。ふと気づくと、彼女は何者かに海面へと叩きつけられていた。そして意識の遠のくなかミーガンが最後に見たものは――バートの謎めいた瞳だった!

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン