作品詳細

名将の条件
名将の条件監督受難時代に必要な資質
880円
セ弱パ強、シーズン途中の監督解任、オーナーの現場介入、選手兼任監督、プレミア12準決勝敗退……。問題や課題の多い今のプロ野球界に言えることは、監督の人材不足である。そもそも監督を育てるような環境が整っておらず、負けが込むと安易に監督を変えるようでは、いつまでたっても強いチーム作りは行えない。このような「監督受難」の時代に監督として必要な資質を、南海、ヤクルト、阪神、楽天など数々の球団で監督としての実績を築き、勝負と人間の機微を熟知した智将・野村克也が語る。◎負けてはいけない試合で、小久保監督の采配のまずさが露呈した◎谷繁元信がプレイングマネージャーとして通用しなかった理由◎サングラスをかけて指揮を執る監督にモノ申す◎組織の力量は、リーダーの力量以上にはならない◎試合で奇襲ばかり考えている監督はヘボである◎球団は優秀な選手の獲得よりも、監督の質の向上に努めよ◎指導者として松井には期待するが、イチローには期待しない◎金本の責任感の強さを、阪神の選手に植えつけてほしいほか<著者コメント>2016年、本物の野球を期待してます。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン