作品詳細

宗教消滅
宗教消滅資本主義は宗教と心中する
880円
かつて隆盛を誇った新興宗教は、入信者を減らし、衰退の一途をたどっている。著者は、毎年恒例のPL学園の花火が「地味に」なっていることから、日本の新興宗教の衰退を察知。日本の新興宗教の衰退は、なにを意味するのか――。本書は、世界と日本の宗教が衰退している現象を読み解きながら、それを経済・資本主義とからめて宗教の未来を予測する。共同体を解体しつくした資本主義は、宗教さえも解体し、どこへ行きつくか。拠り所をなくした人はどうなっていくのか。ポスト資本主義の社会を「宗教」から読み解く野心的な1冊。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン