作品詳細

一流の人はなぜ姿勢が美しいのか―日本人が八〇〇年、伝え継いだ本物の礼法
1540円
その立ち居振る舞いを見るだけで、信用に値する人かどうかわかる――。まずは「耳は肩に垂れ、顎が浮かず、襟がすかぬように」という教えの通りに姿勢を正すことで、一流人への第一歩が始まる。室町時代から800年以上の間、一子相伝で受け継がれてきた「実用・省略・美」を旨とする小笠原流礼法の継承者が、現代の生活やビジネスにも通じ、非常に実用的かつ合理的な日本の礼儀作法を伝授する。「立ったときに手を前に組む」「畳の縁は踏まない」といったあやまった作法についても、なぜそれが間違いか合理的に解説。日本人として一度は知っておきたい、世界に通用する礼法の真髄をこれ一冊で。小笠原清忠(おがさわら・きよただ)1943年小笠原流三十世宗家・小笠原清信の長男として東京・神田に生まれる。慶應義塾大学商学部卒業後、医療金融公庫(現・独立行政法人福祉医療機構)勤務。1992年小笠原流三十一世宗家を継承。現在、池坊学園客員教授、皇學館大学特別招聘教授、東京都学生弓道連盟会長、儀礼文化学会常務理事などを務める。全国で礼法指導を行い、各地の神社で「流鏑馬」や「大的式」「人生の通過儀礼」などを奉納。『入門小笠原流礼法』『小笠原流の伝書を読む』など著書多数。【目次より】第一章◆代々、将軍家に指南してきた「礼法」とは第二章◆立つ――まずは体を真っすぐにすることから第三章◆呼吸――息を整えれば日常が変わる第四章◆歩く――美しい歩みで体が軽くなる第五章◆座る――仕事に役立つ凛とした所作 /ほか

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン