作品詳細

君に言いたいこと
330円
幸か不幸か──運命の日はやってきた。能天気な母さんとおばさんは、『子守』を命じてきた。おいおい、ドッキリでもいいから、嘘だと言ってくれ。俺の思いとは裏腹に、母さんにふざけている様子はない。いとことはいえ、この年の男が年ごろの女子と二人きりになるのはおかしいだろう。「とっくに中学生になった彼女に対して『子守』は不要だろう」正直、彼女と二人きりで自宅にいるのを想像して、欲望を止める自信がない。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン