作品詳細

皇帝は花嫁を抱く
715円
「お前には、俺の花嫁になってもらう」 海で溺れていた鈴を助けてくれたのは、精悍な美貌の「最高文官」――国でも屈指の権力を持つ男だった。美しい翡翠色の瞳で、鈴の唇を熱く奪った男は、鈴に女装して自分の婚約者のふりをすることを要求する。しかも彼には、実は別の正体があって…!? 『たとえ同情でもいい。お前を抱きたい』 自分の愛を欲しがって、縋るように迫る大人の男。彼の熱情に、溺れてしまう。究極のシンデレラロマンス!

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン