作品詳細

F-2の科学
F-2の科学知られざる国産戦闘機の秘密
1100円
※この電子書籍は固定レイアウト型で配信されております。固定レイアウト型は文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。【航空評論家の第一人者、青木謙知氏がF-15Jの秘密を1冊にまとめました!】【F-15Jイーグルの元パイロットで、航空写真家の赤塚 聡氏による空撮写真が満載!】2000年から配備が始まったF-2は、日本の防衛に最適化するべく、すぐれた対艦・対地戦闘能力を備えたマルチロール・ファイターです。F-16をベースにしていますが、開発の主契約社は三菱重工業であり、国産戦闘機といっても過言ではありません。東北地方太平洋沖地震で発生した津波により18機が被災しましたが、13機が修理中で、F-35の配備後も現役機として運用されます。本書ではこのF-2に注目し、その秘密を科学的に解説します。【この本の内容(一部)】●F-2は実質的に多用途戦闘機●要撃戦闘機と支援戦闘機とは?●F-2に求められたものは?●F-2のもとになったのはF-16●F-16の進化1●F-2のF-16からの改造箇所は?●運動性向上の方策●F-2の運動性●F-2の速度、加速力●F-2の電子機器とレーダー●F-2の兵装搭載能力●F-2の胴体●F-2の主翼●F-2のキャノピーとコクピット●F-2のコクピット

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン