作品詳細

若手社員の退社、悪いのは経営者か中間管理職か~企業風土を変える7つの方法~
328円
10分で読めるミニ書籍です(文章量8,000文字程度=紙の書籍の16ページ程度)【書籍説明】若手社員の早期離職傾向がなかなか止まらない。10月発表の厚労省「新規学卒者の離職状況」を見ると、すごいことになっている。●新規学卒者の卒業後3年以内離職率大学 32.3%短大等 41.5%高校 40.0%3年目までの社員が10人入社したら、3人は辞めていることになる。高卒では実に40%を超えている。しかも毎年である。産業別に見ると、大卒でも50%近い産業もある。身近の若者を見ていて、転職未経験者を探す方が困難だ。こういう状況は企業経営そのものに深刻な影響を及ぼしているのではないか。若手社員が辞めてゆくことに対して、中間管理職は嘆く。経営者が悪い。経営者は嘆く。中間管理職が悪い。かくして、経営者と中間管理職の果てしない対立が続く。若手社員の離職の解決は簡単なことではない。若者の転職はすでに潮流になっているからである。とはいうものの人なくして企業はなりたたない。今こそこの悪い流れを止め、経営者と中間管理職の無益な戦いを一日も早く止めて、安定した環境の中で働けるようにしたいものだ。そのための七つの方法を提案する。【目次】1.パレートの法則で 2割の人が風土を変える2.社員満足度調査を実施する3.根回しを学び直す4. 風土を変える努力はやめよう。風土伝承の時間は少ない5.伝承の必要性の認識6.暗黙知を可視化する7.非正規社員の存在を考える【著… 以上まえがきより抜粋

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン