作品詳細

南蛮おたね夢料理
慶応えびふらい~南蛮おたね夢料理(九)~
660円
9巻まで配信中
佐久間象山が凶刃に斃れて一年。江戸時代最後の年号「慶応」の世を迎えた夢屋では、象山が考案した料理〈象山揚げ〉が評判をよんでいた。横浜から仕入れる堅パンを砕いて衣にした揚げ物だ。おたねと誠之助は、福沢諭吉の助言も受けつつ、南蛮渡来の新しい食材を進んで取り入れてゆく。激動の幕末、料理屋を舞台に、江戸の庶民の姿を温かく描く好評シリーズ第九弾。
南蛮おたね夢料理
660円
安政の大地震からふた月。芝の伊皿子坂に新たなのれん…
南蛮おたね夢料理
605円
大地震の悲しみも癒えつつあった安政三年秋、大あらし…
南蛮おたね夢料理
660円
芝の伊皿子坂にある料理屋・夢屋のおかみ、おたね。ひ…
南蛮おたね夢料理
660円
奥歯の痛みで口中医を訪ねたおたねは、風采の上がらな…
南蛮おたね夢料理
660円
疫病コロリ、大火……災厄続きだった安政五年が終わり…
南蛮おたね夢料理
660円
高波で家族すべてを失った扇職人・礼次郎。気落ちから…
南蛮おたね夢料理
660円
夢屋に誕生した新しい命。おたねは娘に、夢が叶うよう…
南蛮おたね夢料理
660円
文久二年。娘のおかなはすくすくと育ち、夢屋に流れる…
南蛮おたね夢料理
660円
佐久間象山が凶刃に斃れて一年。江戸時代最後の年号「…

この作品を読んでいる人にオススメ

倉阪鬼一郎の他の作品

光文社文庫の他の作品


dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン