作品詳細

夜だけの恋縛契約
324円
「あなたが好きです」それを、口にすることができたなら、どれだけ楽になれるのだろう――。実家の借金を背負ってしまった杉本沙織を助けてくれたのは、勤め先の社長である河鍋雄大だった。彼は実家の借金を返す代償として、沙織に「愛人契約」を持ちかけてくる。深夜の社長室、彼のマンション、ホテル。どこへ行っても彼は沙織に「恋人同士」のような振る舞いをもとめてきた。人前では彼の名を呼ぶことさえできないのに、共に過ごす時間が長くなれば長くなるほど、彼への想いはつのっていく。けれど、この関係は彼が沙織に飽きたなら終わりになる。溢れそうな想いを封じていた沙織は、ついにその日が来たことを知り――。
夜だけの恋縛契約
324円
「あなたが好きです」それを、口にすることができたな…

この作品を読んでいる人にオススメ


同じ作者の他の作品


夢中文庫クリスタルの他の作品


dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン
サイトマップ