作品詳細

疾走
550円
千秋との交際を正式に市原に認めて欲しい。実践さながらの訓練。年明け早々からある訓練に航をそろそろ出すか。本人がなによりも希望している。幾らシュウが「無理だ」と言っても当人が譲らない。くっと奥歯を噛み締め航はゴールを睨んだ。すべてがコマ送りのように見えた。土煙で淀んだ身体に爽やかさがぐいぐいと雪崩れ込む。前に前に重心を押し下げ航は力の限り走り続けた。ついにタイムアウトの音にその場に崩れ去った。☆飼育シリーズ第五弾!

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン