作品詳細

皆殺し映画通信 天下御免
1485円
馬鹿野郎っ、こんな映画があるのかよ!?日本列島、スクリーンぶったぎり大爆走!!!ヤバくて愉快なトンデモ映画が増殖中!!殺し屋稼業に安息はなし!?日本映画の質の凋落は止まらない。安易なマンガ原作企画やテレビ局の介入で、日本映画は瀕死状態。「ダメ映画をついつい見てしまう病」にかかっている激辛映画評論家・柳下毅一郎が、日本映画をとことんメッタ斬り!!日本映画50本、タブーなき殺しのレビュー!!なぜこんな映画は作られてしまうのか?商業映画なのだから誰かに見せようと思っているに違いない。だがいったいどんな客に見せようと思って、こんな映画を作ってしまうのだろう?そんな疑問を抱かざるを得ない映画が次から次へとあらわれる。(中略)誰も見ていない、誰も知らない映画には途方もない映画表現が眠っているかもしれない、と思ってしまうものである。ひょっとしたらとてつもないアウトサイダーアートのようなものに―エド・ウッドの映画のようなものに―出会えるかも知れない。そう思うとどうしてもそういう映画を見たくなってしまうのだ。(本書序章より)【収録作品】『渇き。』中島哲也は刺激の専門家である。単調な刺激の連続というのはひどく退屈なものなのである『STAND BY ME ドラえもん』ドラえもんは未来の圧倒的科学力により古代人を蹂躙する神か?『劇場版テレクラキャノンボール2013』そこには人生がある。天才AV監督カンパニー松尾、初の劇場作品…他

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン