作品詳細

北条政子
648円
伊豆の豪族の娘と生まれ、源頼朝に嫁いだ政子。歴史の激流にもまれつつ乱世を生きた女の人生を直木賞作家が描いた。直木賞作家、永井路子が描く王朝貴族の野望と葛藤。藤原道長亡き後、王朝社会を操る黒幕となった息子藤原能信。皇子誕生を巡る貴族たちの思惑と歴史に翻弄される人々がたどる数奇な運命。『この世をば』に続く平安朝の物語を直木賞作家、永井路子が彩り豊かに描く。【著者プロフィール】大正14年東京生まれ。東京女子大学国文科卒業後小学館に入社し、『女学生の友』『マドモアゼル』の編集者を務める。小学館時代から歴史小説を執筆し始め、昭和39年『炎環』で直木賞を受賞。その他にも吉川英治文学賞を受賞した『雲と風と』等多くの素晴らしい作品を世に送り出している。男性的目線になりがちな歴史人物や歴史事件を解きほぐし、その陰になりがちな女性にも焦点をあて、歴史上の人物、出来事を鮮やかに浮かび上がらせる作風は、歴史小説に新風を巻き込んだものと評価されている。<また、直木賞受賞作品である『炎環』、『北条政子』などは、NHK大河ドラマ『草燃ゆる』(1979年)の原作として、また『山霧 毛利元就の妻』『元就、そして女たち』などは、同じくNHK大河ドラマ『毛利元就』(1997年)の原作としても知られている。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン