作品詳細

ルイス・スアレス自伝 理由
1782円
“噛み付きは無害に近い行為なんだ”三度の噛み付き、ハンド、ダイブ、人種差別発言…数々の騒動について本人が明かす驚きの見解!価値観のズレ? いやいや理解できる。彼が一線を越えるのには理由がある。アヤックスやリバプール、ウルグアイ代表で活躍し、現在は強豪バルセロナに所属するルイス・スアレス。もはや誰もが認めるワールドクラスのスター選手が、なぜ地位や名誉を傷つけるだけの「噛み付き」を繰り返してしまうのか――。本人がウルグアイでの幼少時代からバルセロナ移籍までの半生を赤裸々に語った初の自伝。昨年末に英国で出版された話題作が早くも日本上陸! 翻訳は、英国在住20年を超える山中忍が担当。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン