作品詳細

魯山人の器と料理
880円
「魯山人ならば何と言うか?」これが辻義一の美意識のその後の「物さし」となった。若き日に魯山人のもとで修行したときの思い出を豊富なエピソードで綴り、料理と器の真髄を、美しい写真とともに語る。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン