作品詳細

しなやかな血管が健康の10割
880円
アメリカの医学者、ウィリアム・オスラー先生の「人は血管とともに老いる」という言葉をご存知でしょうか?つまり根本的な老化とは「血管が衰えること」を意味しています。血管が衰えると、細胞や臓器に栄養分や酸素が届きにくくなり、血管が狭くなったり(狭窄)、閉塞が起こったりするリスクが高くなる――健康を脅かす「動脈硬化」が始まってしまうのです。しかし、反対に言えば「血管が若々しく保たれていれば、いつまでも健やかに過ごせる」ということであり、本書では循環器内科学の名医が、血管の仕組みをわかりやすく解説しつつ、その“しなかやさ”と“みずみずしさ”を保つ、具体的な健康生活習慣を提案します。(健康生活習慣の一例)・「インターバル歩行」で腸腰筋を鍛える・食後のウォーキングで無理なく効率よく血圧を下げる・1週間21食のうち、5回は魚を食べる・コーヒーと緑茶で血管を守り糖尿病を防ぐ・「腹八分の食事」で若返り、長寿をかなえる

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン