作品詳細

七彩抄 鯰火
220円
鬼才・楠田文人が描く、どこかおかしくて、ちょっと不思議な世界へようこそ。15分間の現実逃避をお楽しみください。 千代は、矢坂家の手伝いとして雇われ、飯炊き手伝いやお嬢様のお守をしていた。その日、旦那様の言い付けで町まで飴の壷を取りに行った千代は、帰り道に神社で一休み。すると、本殿のほうから大鯰がやってきた。大鯰は、ちらっと千代を見た。「ばほっ」 大鯰は千代に驚いて腰を抜かし、賽銭箱の前に尻餅を着いて、階段で固まる千代と見合ったままの格好になった。「に、人間?」「大鯰?」  一人と一匹が声を発したのは同時だった。「うぎゃっ!」  一人と一匹は逃げようとするのだが、双方とも腰が抜けて動けない。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン