作品詳細

P+D BOOKS 噺のまくら
550円
名手圓生が贈る「まくら(短い話)」65篇。持ち噺の多彩さで史上最高といわれた六代目三遊亭圓生は、また、本番の落語の前にちょっと喋る短い話‐いわゆる「まくら」の名手であった。その洒脱な語り口は、江戸時代の社会や落語の舞台について綿密な研究に裏付けされていた。数々の名高座から、65篇を選りすぐった定評のある圓生の「まくら」集は、一味変わった珠玉の小エッセイ集でもある。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン