作品詳細

印象派で「近代」を読む 光のモネから、ゴッホの闇へ
990円
時代とともに、絵は変わる。でも、“人間の心”は変わらない。19世紀後半のフランスに起こった絵画運動で、現代日本でも絶大なる人気を誇る「印象派」。“光”を駆使したその斬新な描法によって映し出されたのは、貧富差が広がる近代の「矛盾」という“闇”でもあった。マネ・モネ・ドガからゴッホまで、美術の革命家たちが描いた“ほんとうのもの”とは――。*電子版では、絵画の多くをカラー画像で収載しています。*著者の話題作『「怖い絵」で人間を読む』につづく〈ヴィジュアル新書〉第2弾![内容]第1章 新たな絵画の誕生第2章 「自然」というアトリエ第3章 エミール・ゾラをめぐる群像第4章 キャンバスに映されたパリ第5章 都市が抱えた闇第6章 ブルジョワの生きかた第7章 性と孤独のあわい第8章 印象派を見る眼

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン