作品詳細

わるじい秘剣帖
わるじい秘剣帖 : 10 またあうよ
496円
10巻まで配信中
「腹を切る前に、珠子の唄を聴きたい」という岡崎玄蕃の願いを受け入れ、岡崎の屋敷に入った珠子。愛坂桃太郎、そして息子の仁吾も、珠子と行動を共にする。屋敷では、江戸城に向けられた大砲がいまにも火を噴かんとする中、ぎりぎりの交渉が続くが、ついに事態が動く。桃太郎、仁吾、そして玄蕃、家老の田所十三郎――四人の剣が閃いたのだ。無傷で屋敷から出てきたのは、はたして……? 大人気シリーズ衝撃の最終巻!
わるじい秘剣帖
518円
元目付の愛坂桃太郎は、不肖の息子が芸者・珠子に作ら…
わるじい秘剣帖
496円
元目付の愛坂桃太郎・58歳は、跡継ぎ息子の仁吾が日…
わるじい秘剣帖
496円
三井清左衛門たっての頼みで〈越後屋〉への嫌がらせの…
わるじい秘剣帖
496円
「越後屋」に「なんとしても店をつぶす」と書かれた脅…
わるじい秘剣帖
496円
桃子を背負って街を歩いているところを、妻・千賀の叔…
わるじい秘剣帖
496円
越後屋に数々の嫌がらせをしてきた悪党の名が、ついに…
わるじい秘剣帖
496円
桃太郎と珠子・桃子母娘が住む「かわうそ長屋」に、ま…
わるじい秘剣帖
496円
札差「佐野屋」から「珠子は芸の才能を上回る商才があ…
わるじい秘剣帖
496円
かわうそ長屋に、珠子の知り合いの元芸者・おふじが引…
わるじい秘剣帖
496円
「腹を切る前に、珠子の唄を聴きたい」という岡崎玄蕃…

この作品を読んでいる人にオススメ

風野真知雄の他の作品

双葉文庫の他の作品


dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン