作品詳細

君が何度も××するから
660円
ぱちゅぱちゅとみだらな水音が…「やっ、激しっ」――翌朝、椎は一人でベッドに寝ていた。あの激しい愛撫は夢? それとも…?

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン